Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

blog

「今日から始められる乳がん予防2」 〜極力避けるべき食材、ライフスタイル、セルフチェック〜

0

日ごとに寒くなってきていますね。お鍋がおいしい季節となりました。お野菜たっぷりいただけるお鍋は私の大好物です。「乳がんに予防に効果がある食品」のアブラナ科のお野菜やお豆腐もたくさん摂れるので、オススメです!私はつけだれにオリーブオイルを入れています。いつもとはまた一味違う風味でとても美味しいのでオススメです。(別の機会にレシピをご紹介いたしますね!) では本日は「自分でできる乳がん予防」2回目。乳がん予防の為に、極力避けるべき食品・ライフスタイル・そしてセルフチェックについてお話しいたします。


「今日から始められる乳がん予防1」 〜予防効果のある食材・食事法〜

0

「乳がんで悲しむ人を減らしたい」という想いから1980年代にアメリカで始まったピンクリボン運動。日本でも2000年頃から徐々に広がりつつあり、今年も10月のピンクリボン月間には、様々なキャンペーンや催しが行われていましたので、実際に参加された方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし残念ながら日本女性の乳がん罹患数は増加傾向にあります。そこで今一度「自分でできる乳がん予防」について2回に分けてお話ししたいと思います。まず本日は乳がん予防に効果ある食材・食事法について、そして次回は乳がん予防の為に極力避けるべき食材・ライフスタイル、そしてセルフチェック方法についてお話ししたいと思います。


Erica’s Beauty Recipe: “ホット”なトレンド ゴールデンミルク ラテ

0

アメリカやオーストラリア、イギリスなどで大人気の飲み物ですが、もともとはインドの伝統的医学アーユルヴェーダの薬として長年親しまれてきたものです。"LiquidGold ”(リキッドゴールド)と呼ばれたり、”TurmericLatte”(ターメリックラテ)という名前で海外のメニューに載っていたりもします。その名の通り美しい黄金のカラーは、主要原材料のウコン (英語名:ターメリック )から来ています。


「グラスフェッドビーフのススメ」ーービーフならグラスフェッド + オーガニックを選びましょうーー

0

アメリカ、オーストラリア、英国等のヘルスコンシャスな人たちの中での拡がりつつあるトレンドといえば、グラスフェッドビーフ(牧草牛)です。 お肉といえば、兎にも角にもそのクオリティーが重要ですが、その動物(ビーフの場合は牛)が何を食べて育ったのか?と考えたことはありませんか? ”You are what your animals eat!” (あなたはあなたが口にするその動物が食べたものでできているのです!)


心臓の健康度は毎朝鏡でチェック!? 老化だけが原因ではない額のシワの話。

0

年齢の割に額のシワが多い人は心血管疾患(CVD)で死亡するリスクが高いことが、最近の研究で明らかになりました。 今年8月ミュンヘンで開催された世界最大の欧州心臓病学会議で発表されたフランスの研究(出典1)によると、成人で額にシワのある人は、シワのない人に比べて、早く亡くなる確率がなんと10倍にもなるというのです。


ストレス=敵ではない!?全てはあなたの捉え方次第。

0

ストレスは私たちが考えているような敵ではないかもしれません! 3万人のアメリカ人を8年間追跡調査した研究(出典1)によって、ストレスが多い被験者は死亡リスクが43%も増加することが判りました。ですが、これは、被験者がストレスを有害なものであると認識している場合にのみ該当するもので、ストレスは有害なものではないと認識している場合には、早期の死亡リスクは上昇しないことが明らかになったのです。


ブラジルナッツ 究極の天然抗酸化成分“セレン” サプリメント

0

別名「クリームナッツ」とも呼ばれるブラジルナッツですが、セレンの含有量が非常に豊富なことでもよく知られている食品です。 ”セレン”とは、強力な天然抗酸化物質であり、また気分向上や抗炎症に不可欠な栄養素です。 その上、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンE、亜鉛、銅、マグネシウムが大変豊富です。またタンパク質も含まれています。それだけでなく、良質の脂肪(脂肪酸とは異なるタイプ)、強力な抗炎症作用のあるエラグ酸を含む食物栄養素でもあるのです。研究によると、エラグ酸は脳の保護にも効果があることが判明しています。


ピルで乳がん・うつ発症のリスクが上昇する?! 貴方の身体を守る為に知っておいて欲しいこと。

0

フランス41%、ドイツ37%、イギリス28%、USA16%、そして日本1%。何についての数値だと思われますか?これは、2013年度の国連人口部によって発表されたピル(経口避妊薬)の服用率の統計数値です。他国に比べると日本の服用率はひときわ低いことがわかります。この理由の一つとして、日本で承認されたのが1999年で、アメリカに比べて25年も遅れての許可となったことが挙げられます。


オリーブオイル – 黄金の液体:健康と美のための究極のオイル

0

健康志向の高まりとともに、ココナッツオイル、アボカドオイル、サチャインチオイル、フラックスシードオイル等々、いろいろなオイルが流行しました。それぞれに健康に良い効果のあるオイルだと思います。ですが、何をとっても“ザ・キングオブオイル=オリーブオイル”の地位を脅かすものではないと私は確信しています。