Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

間食がダメだなんてもう古い!

間食がダメだなんてもう古い!

間食は良くないといわれることもありますが、特に食事と食事の間隔が長くなってしまう時には、間食が効果的に機能して、ウエストが太くなることを防いでくれます。最近の研究で、糖分が少なく、たんぱく質を多く含む間食が、ダイエットを促進してくれるという結果も出ています。

その理由として、健康的な間食は、血糖値の急激な上昇を防ぐことができるからです。また、腹持ちが良いため、何かを無性に食べたくなるという衝動が抑えられ、体内に余計な脂肪分をため込むのを防ぐことができるからです。

理想的な間食といえば、まずはナッツ(揚げていない素焼きナッツ、または生のもの。そして無塩のもの!)です。たんぱく質、食物繊維、良質な脂肪分との絶妙なバランスが、しっかりと満腹感を維持してくれます。アーモンドやくるみといったナッツ類とドライフルーツを一緒に食べるのもおすすめです。また、日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、スライスしたりんごにピーナッツバターをぬって食べるのもいいでしょう。美味しいだけでなく、良質な脂肪分と食物繊維のバランスがとてもよくとれています。ただし、ピーナッツバターは添加物や砂糖を含んでいないものを選ぶようにしましょう。もちろん枝豆もいいですよ!

私のおすすめピーナッツバターを紹介しておきます。

http://store.alishan.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=11_72&products_id=144

Lots of Love, Erica

出典: Navas-Carretero, S., et al., “Chronologically scheduled snacking with high-protein products within the habitual diet in type-2 diabetes patients leads to a fat mass loss: Nutrition Journal, 2011, 10:74 doi:10.1186/1475-2891-10-74

Comments are closed.