Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

空のカップでは何も注げません。まずはあなた自身のケアをしましょう。

空のカップでは何も注げません。まずはあなた自身のケアをしましょう。

仕事、子供や親のケア、家事等、、、常に “To Do List”を抱え、時間に追われている私たちは、疲労感と睡眠不足に苛まれています。それは例えれば、充電切れ寸前のような状態です。

自分は二の次で他者を思いやる「利他」の日本人の精神は、とても素晴らしいことだと思います。ですが、心身疲れ果て、自分のケアさえもできていない状態では、満足のいくような「他人へのケア」などできないのではないでしょうか。

ですから、自分のケアを第一に考えるようにしましょう。自分を優先することに罪悪感を感じる必要はありません。自分が健康で心が満たされていてこそ、周りの人にも手を差し伸べることができるのです。

「充電方法」は人によって、またその時々で変わることでしょう。映画を観たり、マッサージを受けたり、ジムやジョギングで汗を流したり、撮りだめたテレビドラマを見たり、、、。とにかく「自分のため」だけの時間を持つことです。

自分にとってのその時に最適な充電方法を見つけてください。いくつか例をあげてみましょう。

気の置けない友達と出かける

ヨガやリラクゼーションの講習を受ける

自然の中で散歩を楽しむ

温泉へ出かける

部屋に飾る綺麗な花を買う

日記を書いたり、工作をする

スマホの電源を切って読書に集中する

キャンドルの灯でバスタイムを楽しむ

お弁当を持って公園に出かける

好きな音楽を聴きながらソファやベッドでまどろむ

部屋の片付けをする

「自分のケア」を優先することは、甘えでも自己中心的なことでもありません。あなたの心身が十分に充電されれば、あなたの周りの人にとってもよい結果がもたらされるのですから!

Lots of Love, Erica

Comments are closed.