Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

濃い色の野菜が女性を救う!カロテノイドと乳ガンの関連性

濃い色の野菜が女性を救う!カロテノイドと乳ガンの関連性

月曜日にフィトケミカルの1つであるカロテノイドの美容効果についてお話ししましたが、今日はカロテノイドの健康へのすばらしい効果についてです。

2012年12月にハーバード大学より発表されたばかりの8つの研究論文(出典1)によると、濃い色の野菜や果物に含まれるカロテノイドを多く食べている女性は、そうでない女性と比べて乳ガンになる確率が低いことが分かりました。その研究結果とは、カロテノイド値が高かった上位20%の女性はカロテノイド値が最も低かったグループの女性と比べると、乳ガンになるリスクが15~20%低いというものでした。カロテノイドを多く含む濃い色の野菜や果物をとればとるほど、乳がんになるリスクが低くなるということです。

これはなぜでしょう?カロテノイドが体内でレチノール(ビタミンA)に変換され、細胞の成長や遺伝子発現に影響を与えることで、腫瘍の成長を抑制する可能性があります。このような仕組みから、乳ガンのリスクを間接的に抑えられるとみられているのです。また、乳ガンのリスクを抑える別の要因としては、カロテノイドが細胞間のコミュニケーションを促進し、免疫系の働きを強化することにより、体内で異常に成長する細胞を抑制する手助けをすることも、乳ガンのリスク軽減に貢献しているとみられています。

ここ数十年で、乳がんになる日本人女性が急激に増えています。しかしながら、乳がんを防ぐための特定の食品というものは存在しません。私たちができる最善の取り組みは、健康的でバランスのとれたライフスタイルと栄養たっぷりのリアルフード(ホールフード)を取り入れた食生活からのトータルアプローチです。乳がんの早期発見のために定期的に行う胸のセルフチェックなども大切ですが、まずは日々の食生活から、その中でもカロテノイドを多く含む濃い色の野菜や果物をたくさん食べることから始めてみてはいかがですか?

また、血糖値をコントロールすることも乳がん予防に非常に効果的なので、タンパク質(魚、卵、ナッツ類、大豆など)を毎食または間食時にできるだけ摂るように心がけてください。また、大豆食品(豆腐、納豆、お味噌など)やその他の豆類(レンズ豆など)、全粒穀物やナッツなどの食物繊維を多く含む食品も積極的に食べるようにしましょう。あとは、いつもお話していることですが、白いお砂糖や精製された炭水化物(白いパンやケーキ、クッキー、菓子パンやドーナッツなど)、悪い油(ショートニングやマーガリン、加工植物油脂など)、加工肉や揚げ物を控えることも大切です。そして、良質の睡眠をとり、娯楽の時間やリラクゼーションの時間を持つことも忘れないでください。また別の研究(出典2)では、十分な睡眠に加え定期的に適度な運動をすることも、乳がんの予防に繋がるという結果も出ています。

皆さんの健康的でバランスのとれた食事とライフスタイルが、将来の健康の鍵を握っています!

Lots of Love, Erica

(出典1) Eliassen, A. H. et al, “Circulating Carotenoids and Risk of Breast Cancer,” Journal of the National Cancer Institute, December 6 2012, doi: 10.1093/jnci/djs461

(出典2) American Association for Cancer Research (2008, November 30). Exercise And Rest Reduce Cancer Risk. ScienceDaily. Retrieved February 16, 2013, from http://www.sciencedaily.com/­/ /releases/2008/11/081117153154.htm

Comments are closed.