Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

実は老化を進めてしまう7つの習慣(前編)

実は老化を進めてしまう7つの習慣(前編)

今回は、一見問題なさそうでも実は老化を早めてしまう7つの習慣を2週に渡りご紹介します。喫煙や紫外線、ジャンクフードなど、明らかによくないと思うことはみなさん既に気をつけていらっしゃると思いますが、実はその他にも怖い落とし穴があるのです。

◆ 習慣1: 「カロリー制限を守って甘いものを食べている」

砂糖を多く含むケーキやクッキーなどのスイーツでも、カロリー制限の範囲内であれば食べてもOKと思っていませんか?ケーキを食べてもランチを抜けばカロリー的には問題ない!と自分の中で帳尻を合わせているつもりでも、それは非常に危険な落とし穴です。また、甘くなくとも、パンやパスタといった白く精製された炭水化物(特に小麦製品)も要注意です。これらの糖分を摂り過ぎると、体重増加に影響するだけでなく、お肌のくすみやシワにつながってしまいます。これは血液中の糖の分子がたんぱく質や脂質と結びつくことによって起こる「糖化」の最終産物であるAGEs (エー・ジー・イー/Advanced Glycation End Products)が原因です。(AGEsについては6月6日の投稿をご参照ください。)糖分を摂取すればするほど、AGEs が生成され、お肌にハリや弾力を与えるコラーゲンやエラスチンにダメージを与えてしまいます。一度ダメージを受けると、シワやたるみにつながります。

解決法: 糖分を完全に排除するのは簡単ではありませんが、少なくとも原材料ラベルを確認するくせをつけましょう。そうすれば、どれだけ多くの食品に砂糖が入っているかということに気付くでしょう。ドレッシングやソース類にまで入っているケースが多いのです。また、加工食品には大量の砂糖が含まれていますが、原材料ラベルにはコーンシロップ、ブドウ糖果糖液糖、ブドウ糖、麦芽糖などと、すぐにそれが砂糖の一種であると気付かない形で表示されている場合もあるので注意が必要です。また、一見甘くないような小麦製品(パン、ベーグルなど)は、一般的な砂糖よりも血糖値を高めるので、美しい肌を保つためには小麦製品の摂取を控えるようにしましょう。

◆ 習慣2: 「毎日決まった野菜だけを食べている」

美容のために毎日野菜を食べています!と言っても、ランチの付け合わせで添えてある少量のキャベツやレタス、お弁当に入っているミニトマトだけ、という人はいませんか?また、美容にいいと言われる情報をキャッチしたら、その野菜1種類だけずっと食べ続けたりもしていませんか?野菜や果物に含まれるフィトケミカルは少なくとも2万種類あり、健康を守る効果やお肌を若々しく保つ効果など、それぞれ違った作用があります。これらのフィトケミカルの多くは細胞のダメージにつながったり老化を促進したりするフリーラジカルと戦う抗酸化物質を含んでいます。フィトケミカルの中でも、ベータカロテンやリコピンを食事から摂取するとお肌の日焼けを防ぐ効果(「食べる日焼け止め」のような効果)があり、また、ポリフェノールには毛細血管を強化したり、若々しいお肌を保つ働きがあります。ただ、多くの抗酸化物質の効果は数時間しか持続しないので、継続的に摂取する必要があります。週末のお昼にたっぷりとサラダを食べたから今週は野菜を食べなくても大丈夫!というわけではないのです。身体とお肌のため に毎日色々な野菜をしっかり食べましょう。

解決法: 赤や緑、オレンジ、紫、白色などの、色とりどり(レインボーカラー)の野菜を毎食のように食べるようにしましょう。そうすることで、さまざまなフィトケミカルを摂取し、お肌を守り、美しさを保つ効果が得られます。抗酸化物質のアンチエイジング効果を最大限に得るには5時間おきに摂取することがベストなので、毎食摂るようにしましょう。

◆ 習慣3: 「油をすべてカットしている」

飽和脂肪やトランス脂肪酸をカットすることは健康的ですが、すべての脂肪分をカットしたり、油をカットするためにノンオイルドレッシングを使うことは適切な方法ではありません。健康と輝きのあるお肌を保つためには、魚(サーモン、いわし、さばなど)、ナッツ、オリーブオイルなどに含まれる良質な脂肪分が必須なのです。摂取すべき脂肪分の一つであるオメガ3脂肪酸は、お肌や脳、心臓、骨、関節などを守るために必要なアンチエイジング効果を有します。また、オリーブオイルやアボカドオイル、マカデミアナッツオイルやナッツに含まれるオメガ9脂肪酸も強力な抗酸化物質やポリフェノールを含み、健康や美の味方です。

解決法: 油は決して「悪」ではなく、摂ると必ずしも太るわけではないのです。逆に、良質の油を適量摂ることで満腹感が得られ、体重増加を防ぐことにもつながるのです。少なくとも魚を週に4回は食べ、サラダや野菜と一緒にオリーブオイルなどの良質の油を大さじ1杯は摂るように心がけましょう。そして、間食にはナッツ類を。サラダやスムージーにアボカドを入れるのもおすすめです!

(次週は食生活以外で実は老化を進めてしまう4つの習慣をご紹介します!)

Lots of Love, Erica

Comments are closed.