Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

夏のメイン・カクテルは「水」で決まり!

夏のメイン・カクテルは「水」で決まり!

暑い日が続いていますが、みなさんは十分な水分補給が出来ていますか?私たちの体は、体重の約60%が水分で出来ています。その水分は、栄養素や酸素を体中の細胞まで運んだり、体温調整を助けたり、老廃物や毒素を体外に流し出したり、消化を促進させたり、その他にも生きて行く上で、また健康を保つ上で数えきれないほどの重要な役割を果たしています。そして、十分な水分補給が出来ていると、肌を内側から潤すことも出来るのです。逆に、水分不足になると、精神状態(怒りや敵対心が高まる)や集中力にさえも影響があるということが分かっています。(出典1)

日々摂取すべき水分量は、体格、体温、運動量などによってかなり個人差がでてきます。平均的には毎日1.2Lの水を飲むことが理想的だとされていますが、運動をしている人は、汗をかくことで失われた水分を補うためにさらに水分が必要となります。

そこで、ぜひみなさんに行って頂きたい体内の水分量のチェック法があります。少し個人的な部分ですが、とても簡単です。お手洗いに行く際に、尿の色をチェックするだけです。もし尿の色が黄色過ぎる場合は、十分な水分を取れていないということになります。色が濃ければ濃いほど、脱水症状になる可能性が高いのです。理想的なのは透明に近い色で、水のように透明な場合は、十分に水分が取れているということの証明です。

また、十分に水分補給が出来ていることが、体重管理にもつながります。実際に、ある研究(出典2)で水を毎日約1.5L飲むと、コーヒー、紅茶、炭酸飲料だけを飲む人よりも1日の総摂取カロリーが200カロリーも少ないということが分かりました。砂糖入りの飲み物に比べ、摂取カロリーが抑えられるので、ダイエットにも繋がります。かといって、カロリーオフの人工甘味料が入った飲料を飲むことをおすすめしているわけではありません。人工甘味料入り飲料は、体重増加やその他の問題の原因にもなります。

ちなみに、水分の摂り過ぎは「むくみ」の原因になるというのは迷信です。実際にはその逆で、細胞が水分不足になると、身体がそれを補うために水分を体内に溜め込んでしまうため、浮腫んでしまうのです。

水をたくさん飲もうと心がけていても、ついつい飲み忘れてしまったり、味気のない水を毎日飲み続けることに飽きてしまうかもしれません。そんな時に、楽しみながら水分補給する方法をいくつかご紹介します。

◆ 果汁で風味をプラスする。

砂糖不使用のジュースを少量加えることで、果物の風味が加わり、果物の恩恵も受けられ、味わいが出ます。私のお気に入りは、濃縮ざくろジュース少量を水に加えたものです。または、新鮮なレモンを少し絞って入れたり、ペパーミントやスペアミントを加えるのもおすすめです。

◆ 水の入ったボトルを持ち歩く。

常に視界に入っていないと忘れがちになります。手の届く範囲内(デスク上やキッチンカウンターなど)に水を置くことで、頻繁に水分補給ができます。中身が見えるかわいいボトルを使って、どれだけ飲んだか確認しながら少しずつ飲むのも良いですね。

◆ 食べ物で水分補給を。

多くの野菜や果物は水分を沢山含んでおり、体内から水分を補給するというすばらしい方法なのです。暑い夏の私のお気に入りは、すいか、パイナップル、さくらんぼ、桃、きゅうりです。

◆ ココナッツウォーターもおすすめ。

ココナッツウォーターは、カリウムの宝庫であり、また運動後の回復ドリンクとして非常に優れものです。いつもと違った味を楽しみたい時におすすめです。

最後に、塩分の摂り過ぎには気を付けましょう。もちろん若干のナトリウムは神経や筋肉を正常に機能させるために必要ですが、本当に少量で大丈夫なのです。塩分を摂り過ぎると、体内のナトリウムの濃度を下げるために余分な水分が必要となり、その結果体内に水分を溜め込んでしまいます。お料理の際には、塩の代わりにコリアンダーやバジル、しょうがなどの新鮮なハーブやスパイスを使用するように心がけてみてください!

Lots of Love, Erica

————————————————

(出典1) Armstrong, L., et al, “Mild Dehydration Affects Mood in Healthy Young Women”, Journal of Nutrition, January 2012, doi: 10.3945/ jn.111.142000

(出典2) University of North Carolina, Gillings School of Global Public Health, 2010.

Comments are closed.