Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

世界に広まる抹茶ブーム

世界に広まる抹茶ブーム

抹茶はこの10年程世界を席巻してきました。この鮮やかな緑色のパウダーの素晴らしさは、意識の高い人や食通の人によって瞬く間に拡散され、グウィネス・パルトロウやアマンダ・セイフリード、キャメロン・ディアスのようなハリウッドの有名人たちにも愛用されるようになりました。”Matcha-Bar”(抹茶バー)と呼ばれる抹茶専門カフェがニューヨークをはじめとした世界中の都市に続々とオープンし、
# matcha のハッシュタグで検索すれば、抹茶クッキー、抹茶パンケーキ、抹茶ニョッキ、抹茶ポップコーン、抹茶プリンなど様々なレシピがたくさんヒットします。また、抹茶用の器や茶筅(ちゃせん)を買って自宅で抹茶を楽しむ人も増えました。

なぜ緑茶(Green tea)ではなく、抹茶(Matcha)がこれほどまでに人気になったのでしょう?理由はいくつかあると思いますが、まず美しい器や茶筅を使ってお茶をたてる儀式的な行為が海外の人にとって新鮮で、なんだかとても”マインドフル”な感じがするのです。そして”Matcha”というネーミングがスタイリッシュに感じることも理由のひとつだと思います。 さらに、抹茶(日光を遮って育てた茶葉を蒸して、揉まずに乾燥したお茶の粉末)は、日光をたくさん当てて育てた一般的な緑茶に比べてアミノ酸の一種であるテアニンを高レベルで含んでおり、集中力を高め、神経を沈静化する作用もあります。ある研究(出典1)によるとL-テアニンは脳内のセロトニン、ドーパミン、GABAのレベルも上昇させるので、気分の改善にも良いと言われています。熊本大学で行われた最新の研究(出典2)でも同様の結果が出ています。そして別の研究(出典3)では抹茶は乳がん幹細胞の代謝経路を妨げ、エネルギーを奪い、死滅させることも報告されています。これらの健康効果も抹茶人気の理由だと思います。

このように海外で大ブームを巻き起こしている”Matcha”ですが、実は粉末の茶葉をそのまま飲む抹茶だけでなく、茶葉から淹れた緑茶にも高い健康効果があります。研究(出典4)では緑茶ポリフェノール、エピガロカテキン3ガレート(EGCG)が大腸がん幹細胞の増殖を50%減らすという結果が出ています。EGCGはアポトーシスと呼ばれる過程を介してがん幹細胞を死滅させることも分かっています。(出典5)
(興味深いことに、カテキンの量を比べてみると日光を遮って育てられる抹茶よりも、日光をたくさん浴びて育った緑茶の方が多いのです!)

世界中で大ブームの抹茶はもちろんですが、玉露、煎茶、玄米茶、番茶など、すべての緑茶は”ミラクルドリンク”です。ただし選び方には少し注意が必要です。私はペットボトルの緑茶ではなく、いつも淹れたての緑茶や抹茶を飲むようにしています。ペットボトルの緑茶は、変色したり風味が変わるのを防ぐために酸化防止剤として人工的にビタミンCが添加されていることが多く、遺伝子組み換えの原料が使用されている可能性があるので、避けるようにしています。せっかく「奇跡の飲み物」をいただくのですから、正しい知識でより高い効果が期待できるものを賢く選びましょう!

Lots of Love, Erica

出典1: Pradeep J. N., Kristy Lu, M. Gray & C. Oliver (2006) The Neuropharmacology of L-Theanine(N-Ethyl-L-Glutamine), Journal of Herbal Pharmacotherapy, 6:2, 21-30, DOI: 10.1080/J157v06n02_02

出典2:Yuki Kurauchi, Hari Prasad Devkota, Kengo Hori, Yuiko Nishihara, Akinori Hisatsune, Takahiro Seki, Hiroshi Katsuki (2019). Anxiolytic activities of Matcha tea powder, extracts, and fractions in mice: Contribution of dopamine D1 receptor- and serotonin 5-HT1A receptor-mediated mechanisms. Journal of Functional Foods, 2019; 59: 301 DOI: 10.1016/j.jff.2019.05.046

出典3:Bonuccelli, G, Sotgia. F, Lisanti, MP. (2018) Matcha green tea (MGT) inhibits the propagation of cancer stem cells (CSCs), by targeting mitochondrial metabolism, glycolysis and multiple cell signalling pathways. Aging. 10:1867-1883. https://doi.org/10.18632/aging.101483

出典4:Chen, Y., Wang, X. Q., Zhang, Q., Zhu, J. Y., Li, Y., Xie, C. F., … Han, H. Y. (2017). (-)-Epigallocatechin-3-Gallate Inhibits Colorectal Cancer Stem Cells by Suppressing Wnt/β-Catenin Pathway. Nutrients, 9(6), 572. doi:10.3390/nu9060572

出典5:Toden, S., Tran, H. M., Tovar-Camargo, O. A., Okugawa, Y., & Goel, A. (). Epigallocatechin-3-gallate targets cancer stem-like cells and enhances 5-fluorouracil chemosensitivity in colorectal cancer. Oncotarget, 7(13), 16158–16171. doi:10.18632/oncotarget.7567

Comments are closed.