Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

一体何を考えていたんだ!と自分を責めたてるのではなく、一呼吸おいて自分にやさしく問いかけてみてください。そこから何を学んだか、と。

一体何を考えていたんだ!と自分を責めたてるのではなく、一呼吸おいて自分にやさしく問いかけてみてください。そこから何を学んだか、と。

『一体何を考えていたんだ!と自分を責めたてるのではなく、一呼吸おいて自分にやさしく問いかけてみてください。そこから何を学んだか、と。』

みなさんも普段こんな風に自分を責めたてたりしていませんか?「なんであんなミスをしてしまったんだ!」「なんであんなことを言ってしまったんだ!」「なんてバカみたいなことをしてしまったんだ!」

ミスや失敗をしたり、失言してしまったとき、私たちはつい自分を責め、自分自身に失望してしまいます。または、自分が惨めに思えたり、自己批判をしてしまっているかもしれません。そういう気持ちは、自尊心、自信、健康状態に悪影響を与えます。そして、恨み、不満、失望という感情を生み出し、ストレスホルモン値を上昇させ、自己嫌悪に陥ってしまいます。

誰にでもミスや失敗は付き物です。でも、大切なことはそのミスや失敗をどう捉え、そこから何を学び、どう次へ繋げるかということだと思います。あなたの周りで起こっているすべての出来事は、あなたにとってすばらしい学びと成長の場なのです。ミスや失敗から学べることは必ずあります。そして、あなた自身の成長の過程においてとても大切なものなのです。

こうやって少し考え方を変えるだけで、急に気が楽になりませんか?ミスや失敗をしたときは、自分自身の成長と学びのための良い機会だと思って、前向きに取り組んでみてはいかがでしょう。そして、今度ミスや失敗をして自分を責めたてたくなったときは、一呼吸おいて自分自身に次の3つの質問をしてみてください。

1. そこからどんな教訓を得ましたか?

2. 次回同じ状況になった時はどんな行動をとりますか?

3. 自分を元気づけてくれる言葉はなんですか?

楽な気持ちになるということに関していえば、自分自身にやさしくなることで、健康へも良い影響があることが研究(出典1)で分かっています。自分自身にやさしくできる人は不安や憂鬱が少なく、よりハッピーで楽観的であるとのことです。

Wishing you all a fantastic week!!

Lots of Love, Erica

(出典1) Neff, K. D., et al, “An examination of self-compassion in relation to positive psychological functioning and personality traits,” Journal of Research in Personality, 2007, vol. 41, pp: 908-916.

Comments are closed.