Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

ダークチョコレートはみずみずしいお肌作りの名アシスタント

ダークチョコレートはみずみずしいお肌作りの名アシスタント

チョコレート好きな方に朗報です!チョコレート(といってもカカオをたくさん含むダークチョコレートに限りますが)には美しさを高める効果があります。強力な抗酸化物質やフィトケミカルを豊富に含むカカオは保湿力を高め、若々しく美しいお肌を維持してくれるのです。

カカオに含まれる抗酸化物質のフラボノールはお肌への血行を促進し、血中の栄養素の影響でお肌にツヤを与えます。これは見た目にどんな影響を与えるのでしょう?ドイツの研究(出典1)によると、フラボノイドをたくさん含むカカオパウダー18gを水に溶かして12週間飲み続けた人は、飲まなかった人に比べて、肌がより滑らかで、みずみずしい潤いも保たれていたことが分かりました。さらに、1週間にカカオ70%以上のダークチョコレートを60~85g食べることによって、このような美しさを高める効果があるとのことです。

その理由として、ダークチョコレートに含まれるカカオには抗酸化作用が強いフラボノールやポリフェノールなどが入っているからです。たとえば、フラボノール(チョコレートに含まれるフラボノイドの一種)はお肌を紫外線から守って、しわを予防し、ベストな状態に整えてくれます。また、フリーラジカルと戦うことでシミができにくくなるだけでなく、血行が良くなり肌にみずみずしいツヤも与えてくれます。

最近の研究(出典2)によると、カカオはブルーベリーやザクロ、クランベリーなどよりも抗酸化作用が随分高いことが分かりました。さらに、カカオに含まれるフラボノールの量についてもアサイーやブルーベリー、クランベリー、ザクロのどに比べても大幅に多いことが分かりました。たった大さじ2杯のカカオで緑茶4杯分、ブルーベリー1カップ分よりも多くの抗酸化作用があるとのことです。

また、カカオをたくさん含むダークチョコレートには美しさを高める効果だけでなく、脳内のセロトニンやエンドルフィンの分泌を促し、気分を晴れやかにしてくれる効果もあると言われています。

チョコレート好きの方、効果はまだまだあります!イタリアの研究(出典3)によると、ダークチョコレートを食べた人とホワイトチョコレートを食べた人を比べると、ダークチョコレートを食べた人の方がインスリン分泌の反応がよくなり、血圧がより低くなったそうです。インスリン分泌の反応がよいということは、アンチエイジングへの重要なポイントなのです。

ただ、ひとつ注意していただきたいのが、こうした素晴らしい効果がみられるのはカカオ70%以上のダークチョコレートを食べた場合に限った話です。市販されている多くのチョコレートがカカオ70%未満なので、賢く選ぶようにしましょう。

<チョコレートの選び方>

まず、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートは避けて、ダークチョコレートと書かれているものを探します。カカオ70%以上のダークチョコレートは、パッケージに大きく明記されていることが多いですが、不明な場合は裏面のラベルをチェックしましょう。原材料欄の最初の方に記載されているものが「砂糖」や「全粉乳」、「脱脂粉乳」の場合はカカオ70%以上ではない可能性が高いです。元々カカオに含まれている「カカオマス」や「カカオバター」、「カカオパウダー」が最初の方に記載されているものがベターです。また、植物油脂、加工植物油脂などのよくない油(トランス脂肪酸)を含むダークチョコレートもあるので、原材料をしっかり読む癖をつけるようにしましょう。さらに、カカオは農薬が多く使われている植物なので、オーガニックのものがよりおすすめです。

<おすすめの摂取量>

適量のダークチョコレートは美しさを高める効果がありますが、食べる量をきちんとコントロールしなければなりません。たとえば100gの板チョコを全部食べてしまうと、フラボノイドだけでなく、脂肪分、砂糖なども摂り過ぎてしまうことになりますので、一日20〜30g程度にしましょう。メーカーにもよりますが、この写真のチョコレート1かけは6〜8gくらいだと思いますので、3〜4かけくらいの目安でしょうか。

みなさんよくご存知だと思いますが、厳しすぎるダイエットは長続きしませんよね。挫折しそうになった時、ストレスがたまった時、自分を甘やかしてあげる術として、ダークチョコレートという切り札を上手に使ってくださいね!

Lots of Love, Erica

(出典1) Heinrich, U., et al. “Long-term ingestion of high flavanol cocoa provides photoprotection against UV-induced erythema and improves skin condition in women,” Journal of Nutrition, 2006, vol. 136, pp: 1565-1569.

(出典2) Crozier SJ., et al., “Cacao seeds are a “Super Fruit”: a comparative analysis of various fruit powders and products,” Chemistry Central Journey, 2011; vol. 5, no. 5, doi: 10.1186/1752-153x-5-5.

(出典3) Grassi, D., et al., “Short-term administration of dark chocolate is followed by a significant increase in insulin sensitivity and a decrease in blood pressure in healthy persons,” American Society for Clinical Nutrition, 2005, vol. 81, no. 3, pp: 611-614.

Comments are closed.