Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

スケジュールに「あなたのための時間」を!

スケジュールに「あなたのための時間」を!

皆さんの多くは毎日様々な責任を抱えながら、終わりのない”やることリスト”に追われ、1日24時間あってもなかなか自由に使える 時間を作り出せず、自分のための時間を最初に諦めていることでしょう。

しかし、自分の時間・セルフケアの時間を一番最後にスケジュールに入れてしまうと、結果、これが疲れやイライラの大きな原因となってしまいます。疲れとイライラが溜まり、パートナーと口論になったり、子供に怒鳴ってしまったり、若しくは疲弊しきって何も出来ない状態になってしまうでしょう。

セルフケアは一見、勝手気ままで怠けているかのように見えますが、必要不可欠なことなのです。なぜならば、セルフケアを怠るとバッテリー切れのような状態になり、挑戦やストレスに立ち向かう対応能力が劣ってしまったり、周りを助けたりケアしたりすることが出来なくなってきてしまいます。

それだけではなく、セルフケアはあなたの身体の内側と外側においても、とても大切なことなのです。免疫機能を高めたり、ポジティブ思考を促したり、ストレスに上手に向き合えるようなり、美容と健康に関わるストレスホルモン値も下げてくれます。セルフケアをすることにより、自分自身や人生についてとてもポジティブに感じるようになることでしょう。そのためには、あなたがセルフケアを優先事項としてスケジュールに入れ、常に実行していかなくてはいけません。

セルフケアについて、いくつかアイディアを挙げてみましょう。自然の中を歩く、リラックスできる音楽を聴く、ヨガをする、ソファの上で本や雑誌を読む、お風呂にゆっくり浸かる、ペットと時間を過ごす、日記を書く、アロマオイルマッサージなどを受ける、など色々とあります。

セルフケアはいつ、どのようにしても構いません。多くのメンタルヘルスの専門家は、一日に少なくても20分は自分のために時間をとることを勧めています。仕事や用事をスケジュールに入れるように、セルフケアのスケジュールも罪悪感を持たずに入れてください。自分自身に余裕を持てるようになれば、周りにもその余裕を分け合うことが出来ます。セルフケアとは、ストレスマネージメントの一部であり、自分の内側、外側のコンディションをベストに保つ必要不可欠なものなのです!

Lots of Love, Erica

Comments are closed.