Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

スキンシップと優しさ そして愛が、シワを減らしてくれるのはなぜ?

スキンシップと優しさ そして愛が、シワを減らしてくれるのはなぜ?

強力な抗ストレスホルモンであるオキシトシンは、健康への利点がたくさんあり、ストレスに対する強力な武器ともなります。オキシトシンは、スキンシップやマッサージをしている時、また猫や犬をなでたりハグしたり、瞑想したり、誰かのために何かしてあげたり、セルフケアやメイクラブ中に放出されます。さらに、オキシトシンには美容効果とアンチエイジング効果があることが研究で分かっています。

オキシトシンの分泌が多い方が、繊維芽細胞とケラチノサイトという2つの皮膚細胞内のフリーラジカルが少ないということが研究(出典1)で分かりました。繊細芽細胞はコラーゲンとケラチノサイトを作る細胞で、表皮の約90%を占めています。つまり、肌にフリーラジカルが少ないほど若々しい肌を保ち、肌の老化にブレーキをかけてくれるというわけです。

それに対して、あなたの周りで大きなストレスを抱えている人が老け込むのも早いということに気付いたことはありませんか?慢性的なストレスがあると、ストレスホルモンのコルチゾールの値が上がり、オキシトシンの値は下がります。

オキシトシンには美肌を保つのに役立つ上に、食欲を抑えてくれるという嬉しいメリットがあります。この研究(出典2)では、オキシトシンを与えられた人は、平均して1食あたり122カロリー少ない食事量で済んだのです。また、脂肪も平均9グラム少なかったのです。

他の研究(出典3)では、オキシトシンは体内で感染と戦うホルモンを増やして、免疫系を直接的に強化することも証明しました。もちろんこれには他の間接的な免疫効果もあります。

さらに、オキシトシンは強力な鎮痛剤であり、コルチゾールの影響に直接対抗してくれるのです。というのも、コルチゾールや他のストレスホルモンは(短期間での生存を優先させるため)免疫システムの働きを直接低下させるのですが、オキシトシンは体を修復し、免疫活動のバランスを整え、増強してくれます。また、血圧と心拍数を下げる働きもあることが分かっています。

この素晴らしいホルモン、オキシトシンの無限の恩恵については、私の著書「ラブダイエット」にも詳しく書かれています。(詳しくはこちら: http://amzn.asia/eKg5sHx

ですから、日頃からセルフケアに時間をかけ、パートナーや友人・子供たちとハグし合い、ペットに触れたり、マッサージや瞑想をしたり、スキンシップする時間を取るようにしてください。そうした時間を過ごすことは決して利己的なことではありません。あなたの内面の美しさのためのルーチンであり、毎日のストレスと戦うためでもあるのです!

Lots of Love, Erica

(出典1)Deing, V., Roggenkamp, D., Kühnl, J., Gruschka, A., Stäb, F., Wenck, H., Bürkle, A. and Neufang, G. (2013), Oxytocin modulates proliferation and stress responses of human skin cells: implications for atopic dermatitis. Exp Dermatol, 22: 399–405.

http://doi.org/10.1111/exd.12155

(出典2)Ott, V., Finlayson, G., Lehnert, H., Heitmann, B., Heinrichs, M., Born, J., & Hallschmid, M. (2013). Oxytocin Reduces Reward-Driven Food Intake in Humans. Diabetes, 62(10), 3418–3425. http://doi.org/10.2337/db13-0663

(出典3)Li, T., Wang, P., Wang, S. C., & Wang, Y.-F. (2016). Approaches Mediating Oxytocin Regulation of the Immune System. Frontiers in Immunology, 7, 693. http://doi.org/10.3389/fimmu.2016.00693

Comments are closed.