Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

オーガニック食品でがん予防!? 賢い食品選びは、将来のあなたの健康と美容への投資です。

オーガニック食品でがん予防!? 賢い食品選びは、将来のあなたの健康と美容への投資です。

「オーガニック食品って高いけれどそれに見合った価値ってあるの?」と感じている方も少なくないかもしれません。本日はそんなみなさんの疑念が晴れるよう、オーガニック食品のその素晴らしい効果についてお話をさせていただきます。

昨年10月に発表された7万人の男女を対象とした大規模な研究調査(出典1)によって、オーガニック食品を摂る人は平均して25%がん罹患リスクが低いことが明らかになったのです。

対象となった7万人の被験者は、平均年齢が40代半ばのフランス人でその約75%が女性でした。野菜、果物、魚、肉、調理済みの食事、調味料、栄養補助食品、植物油、その他の製品を含む16種類のオーガニック製品をどれだけ頻繁に摂るかによって、被験者を4つのグループに分類しました。

約4年半後、被験のがん罹患チェックを実施。その結果、オーガニック食品を最も多く摂る被験者グループは、オーガニック食品を摂らなかった被験者グループよりも、がん発症の確率が25%も低下することが証明されたのです。特定の種類のがんの罹患の確率で言うと、非ホジキンリンパ腫の場合73%低く、閉経後の乳がんの場合は21%低くなることが判りました。

オーガニック食品を摂る被験者グループは、相対的に健康意識が高く、食習慣全般が健康的である為、それ自体ががん罹患リスクを軽減している所以であると捉える事もできます。しかし、研究者たちの見解は異なるものでした。なぜならば、食習慣の乱れが見受けられつつも、間間オーガニック食品を選び食していた被験者のがん罹患リスクも軽減されていたからです。
研究者たちの結論は、「消費者に向けてオーガニック食品の消費を促す事=がん予防広告の戦略の一環となる」でした。

農薬とがんの関連性はかなり以前より指摘されてきており、世界保健機関(WHO)の外部組織である国際がん研究機関(IARC)からも“農薬ががんを引き起こす”との調査結果が発表されています。(出典2)

以下5種類の農薬は、国際がん研究機関(IARC)によってその発がん性が報告されています。
・除草剤グリホサート(Monsanto社製・商品名RoundUp)
・殺虫剤マラチオン
・ジアジノン
・テトラクロルビンホス
・パラチオン

しかしながら全ての作物が同じ量の残留農薬があるわけではなく、中には無農薬のオーガニック栽培でなくても安全に食することができるアボカドのようなフルーツや野菜もあります。

残留農薬が検出されるアボカドは全体の1%の未満で、さらにその際に検出された農薬は1種類のみ。これがアボカドが“クリーンリスト”ランキングの第1位である理由です。アボカドは一般栽培のものでも安心して食することができる食材なのです。
一方その逆が、いちごです。いちごの99%に残留農薬が確認され、1粒のいちごから最大22種類もの農薬が検出されています。いちごの16%でホルモン撹乱物質とされる「カルベンダジム」、30%で前出の農薬とは別にがんを引き起こす可能性があるとされている「ビフェントリン」が検出されています。

その他の作物については、米国の環境ワーキンググループ(EWG)によって発表されている、クリーン15(残留農薬の少ない作物)とダーティー12(残留農薬の多い作物)のリストを確認してください。(出典3)
お買い物の際の選択の基準に、ぜひこのリストを参考にしていただきたいと思います。

オーガニック食品にはその他にも多くの利点があります。酸化防止効果やフィトケミカル等のさまざまな栄養素を含みます。またその含有量が多いほど味も良くなります。賢くオーガニック食品を選ぶことは、がんの予防につながります。あなたの将来の健康と美容への素晴らしい投資なのです。

過去の農薬に関するポストはこちらから:
◆私がオーガニックを選ぶ理由 抗酸化物質、残留農薬量、重金属の含有量の大きな違いhttps://bit.ly/2J6yeQD
◆美と健康への投資:オーガニック食材を賢く選ぼう!https://bit.ly/2DFvgPn
◆高価でもオーガニック食材は健康への投資!特に妊婦さんにおすすめする理由 https://bit.ly/2GSxi0A

Lots of Love, Erica

出典1:Baudry J, Assmann KE, Touvier M, et al. Association of Frequency of Organic Food Consumption With Cancer RiskFindings From the NutriNet-Santé Prospective Cohort Study. JAMA Intern Med. Published online October 22, 2018. doi:10.1001/jamainternmed.2018.4357
https://www.naturalmedicinejournal.com/…/eating-organic-foo…

出典2:The International Agency for Research on Cancer (IARC), March 2015. IARC Monographs Volume 112: evaluation of five organophosphate insecticides and herbicides.
https://www.iarc.fr/…/m…/iarcnews/pdf/MonographVolume112.pdf

出典3: https://www.ewg.org/foodnews/clean-fifteen.php

Comments are closed.