Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

みんなが知っている食品添加物「乳化剤」のもう一つの顔

みんなが知っている食品添加物「乳化剤」のもう一つの顔

私たちが美しく健康でいるためには、腸内環境を良好に保つ マイクロバイオームが必要不可欠で、これらを元気な状態に保つには「食物繊維」が鍵であるというお話を先日させて頂きました。(https://goo.gl/DMURJ8)今日は、腸内の善玉菌を減らし、マイクロバイオームに悪影響を及ぼす要因についてお話したいと思います。この要因についていくつか例を挙げると、抗生物質や砂糖が豊富に使われている食品、精製された炭水化物、加工食品、慢性感染症、ストレスなどがありますが、今年発表された動物実験(出典1)によると、何千種類もの加工食品に使用されているある食品添加物が消化器系の炎症を引き起こし、さらには体重増加やメタボリックシンドロームにも関連しているということが判りました。

その食品添加物とは、最も頻繁に使われているものの一つ、「乳化剤」です。乳化剤は、本来混じり合わないものを均一な状態にする、または賞味期限を延ばす目的で安価なアーモンドミルクや市販の卵焼き、マヨネーズにアイスクリーム、焼き菓子やドレッシングなど、驚くほど多くの加工食品に使用されています。化学成分的には界面活性剤と類似しており、乳化剤は腸内に生息する粘液層を破壊し、腸内マイクロバイオームのバランスを乱す働きがあります。

同実験では、乳化剤がメタボリックシンドロームや重度な炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性結腸炎など)の発症率を上げるということも判っています。そして、メタボリックシンドロームは2型糖尿病や心疾患、肝臓病などを引き起こす要因となるのです。特に20世紀半ばから、この炎症性腸疾患とメタボリックシンドロームの発症率は著しい増加傾向にあります。

この実験で乳化剤を与えられていた被験動物の症状として、腸内に軽度の炎症が見られた他、食欲増進や体重増加だけでなく、脂肪沈着を引き起こし、さらには血糖値が乱れるというものがありました。そして、腸内マイクロバイオームのバランスが乱れ、代謝機能に懸念すべき何らかの悪い影響を与えることも明らかになりました。こうしてマイクロバイオームのバランスが乱れると、薄くなった腸内粘液層に病原菌が侵入しやすくなるため、感染症や病気を引き起こしやすくなってしまいます。裏を返せば、厚い粘液層を維持すること、すなわち、健康なマイクロバイオームを維持することが腸官免疫を向上させ、結果として私たちの美と健康の維持に繋がるのです。

もちろん、食べ過ぎ(特に過度に加工されたGI値の高い食品)や睡眠不足、運動不足などの生活要因が肥満やメタボリックシンドロームの主な原因ではありますが、この実験結果は、乳化剤をはじめとする様々な食品添加物もこれらの病気を引き起こす要因となることを示しています。ちなみに、最近行われた動物実験とヒト実験では、人工甘味料(サッカリン、スクラロース、アスパルテームなど)もマイクロバイオームのバランスを乱し、耐糖能障害を引き起こすということも判っています。

私たちが口にしているものすべてが腸内菌のバランスに強く影響しています。そのため、食品添加物を含む食品を食べるということは、腸内菌のバランスを乱し、炎症を起こしやすくしているのだということを覚えておいてください。そして、商品パッケージに書かれているカロリー数ではなく、原材料欄をしっかりと確認するようにしましょう。過度に加工されていたり、添加物が多く使われている食品はなるべく避けることをお勧めします。あなたの健康と明るい将来のために、出来る限りナチュラルな食品を摂るように心がけてください!

Lots of Love, Erica

(出典1) Benoit Chassaing, B., et al., “Dietary emulsifiers impact the mouse gut microbiota promoting colitis and metabolic syndrome,” Nature, 2015, vol. 519, pp: 92-96.

Comments are closed.