Contact

取材・講演のお問い合わせは、上のフォームからご連絡ください。

メールでのお問い合わせは、[email protected] までお送りください。

大変申し訳ございませんが、健康問題などにつきましての個人さまからのお問い合わせやご相談にはお答えすることができませんのでご了承ください。

* すべての項目にご記入をお願いいたします

ご存知ですか?“ビタミンN” のリラックス効果

ご存知ですか?“ビタミンN” のリラックス効果

最近、自然に触れたのはいつですか?自然に触れるだけで、リフレッシュできたり、パワーチャージした気分になんとなくなりませんか?それは気のせいではないのです。実際に、緑豊かな自然の中に身を置くだけで、リラックス効果があり、コルチゾールなどのストレスホルモン値が下がるということが100以上の研究によって示されています。(出典1)この自然がもたらす効果を欧米ではビタミンに例えて“ビタミンN”(Nature=自然)と呼ばれたりしています。実際にそのようなビタミンが存在するわけではありませんが、それだけの嬉しい効果があるのです。

自然と健康の関係については日本で最先端の研究が行われており、森林浴が身体に及ぼす影響についても研究されています。例えば、15分間自然の中を歩く場合と15分間街中を歩く場合、自然の中を歩く方が、血圧、心拍数、コルチゾールの値が、いずれも顕著に低いことが分かりました。それだけでなく、副交感神経と呼ばれるアンチエイジングの神経機能が非常に活発になったとのことです。(出典2)また、女性を対象とした別の研究では、免疫系を支えるナチュラルキラー細胞の数が、森の中で数時間過ごしただけで37%も増えたということです。(出典3)さらには、近年アレルギーや自己免疫疾患が増えていることの背景には、自然の中に存在する有益なバクテリアに触れる機会が少ない事が一因として考えられているため、そういう意味でも自然に触れることがいかに大切かということが分かります。

“ビタミンN”を摂取するのは難しいことではありません。自然の中でジョギングしたり運動しなくても、ただ自然の中に5分間居るだけで、気分が改善することも分かっています。幸運なことに、日本の国土は約70% が森林で覆われているため、気が向けばハイキングをしたり、自然を楽しんだりできる環境にあります。日本には森林浴の効果が得られる「森林セラピー基地」が53ヶ所(2013年現在)もあるので、たまにはコンピューターやゲーム機から離れて、家族や友達と一緒にこういう場所で自然を楽しんでみてはいかがですか。(http://www.fo-society.jp/quarter/

本物の自然にゆっくり触れることが何より一番ですが、どうしても時間が作れないという人は、以下のことを心がけるだけで“ビタミンN”の摂取に繋がります。

・ 近所の緑地を探す。(近くの公園でも大丈夫です。公園でランチを食べたり、犬の散歩、ピクニックを楽しむのもいいでしょう。)

・ 職場のデスク周りに植物を置く。(デスク上に植物を置くだけで血圧が下がると言われています。また、緑がある職場で仕事をしている人の方が、より仕事に対する充実感や意欲があり、辛抱強いだけでなく、フラストレーションや健康上の問題が少ないことが分かっています。)(出典4)

・ ミニガーデンを作る。(自宅のベランダでミニチュアのお庭を作ったり、室内で植物やお花を育てるのもいいでしょう。)

できるだけ外に出て自然を楽しみ、“ビタミンN”をたくさん摂取して、心身ともに健康に美しくなってみませんか。

Lots of Love, Erica

—————————-

(出典1) Davis, J. 2004. Psychological Benefits of Nature Experiences: An Outline of Research and Theory. Naropa University.

(出典2) Miyazaki, Y., et al, “The physiological effects of Shinrin-yoku (taking in the forest atmosphere or forest bathing): evidence from field experiments in 24 forests across Japan, Environmental Health and Preventative Medicine Journal, January 2010, vol. 15, no. 1, pp: 18-26.

(出典3) Morimoto, K., et al., “A forest bathing trip increases human natural killer activity and expression of anti-cancer proteins in female subjects,” Journal of Biological Regulators and Homeostatic Agents. Agents, vol. 22, no. 1, pp: 45–55.

(出典4) Kaplan, R. 1993. The Role of Nature in the Context of the Workplace. Landscape and Urban Planning 26, 1-4: 193-201.

Comments are closed.